2021年11月29日(月曜日) 12:17 地域・まち選挙

現職の石井登志郎市長が立候補表明 来年3月の西宮市長選挙

任期満了に伴い、来年3月に投開票される西宮市長選挙で現職の石井登志郎市長が2期目を目指し、11月29日に市議会で立候補を表明しました。

西宮市の石井登志郎市長(50)は29日の西宮市議会の本会議で、来年3月27日に投開票される西宮市長選挙に2期目を目指し、立候補すると表明しました。

元衆議院議員で芦屋市出身の石井市長は2018年の西宮市長選挙に無所属で出馬し、新人6人の争いを制し、初当選しました。 1期目は、市長の退職金をゼロにする条例を可決させたほか、待機児童問題の解消や新型コロナウイルス対策などに取り組みました。

西宮市長選挙には、これまでに石井市長のほかに立候補を表明している人はいませんが、日本維新の会が独自候補の擁立を目指しています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP