2021年09月08日(水曜日) 19:59 地域・まち文化・スポーツ

【Bリーグ】西宮ストークス新社長、「今季の補強は100%」

  • 西宮ストークス新社長に就任した北村正揮氏

  • 西宮ストークスに加入した川村卓也/8月4日

  • サンテレビを訪れた北村新社長(右)と渡瀬取締役(左)/9月8日

■経験豊富な北村氏

男子プロバスケットボールBリーグ2部(B2)西宮ストークスの新社長に8月、
北村正揮氏(40)が就任した。

北村新社長は東京都出身。ワシントン州立大でスポーツマネジメントを学び、2010年から西宮ストークスの前身「兵庫ストークス」でGMを務めたあと、3人制バスケットボール(3X3)の運営に携わってきた。

渡瀬吾郎前社長は引き続き取締役(営業統括)として留まる。

■10月2日に開幕

西宮ストークスは昨季、B2西地区優勝を果たしたが、プレーオフで敗退しB1復帰を逃した。

活躍したボンズらが抜け、代わって元日本代表の“オフェンスマシーン”川村卓也(前B1三河)が加入。
同じく元代表で202㎝の中西良太(前B2佐賀)が復帰し、新外国籍選手のシャキール・ハインズ(アメリカ)も加わった。

9月8日、サンテレビ本社(神戸市中央区)を訪れた北村新社長は、「100パーセントに近い補強ができた。外国籍選手を含めた全員が揃い、練習に取り組んでいる」と現状を語った。

2024年度には1万人規模のホームアリーナが神戸港にオープンする。
北村新社長は、「B1に昇格し、さらに新アリーナのもとで“新B1”に参入するロードマップを実現していく」と抱負を語った。

B2は10月2日に開幕。西宮ストークスはホーム西宮中央体育館で熊本ヴォルターズと戦う。
(浮田信明)

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP