2021年05月21日(金曜日) 18:27 地域・まち

西脇市の小学校が国の重要文化財に 使用されている小学校では全国で3例目

西脇市の旧西脇尋常高等小学校が国の重要文化財に指定されることになりました。西脇市の建造物が指定されるのは初めてのことです。

新たに国の重要文化財に指定されるのは旧西脇尋常高等小学校の木造校舎三棟と渡り廊下や正門で、いまも西脇小学校の校舎として使用されています。

旧西脇小学校は1873年に創立された為詳小学校が前身で、1901年に現在の場所に移転。第一校舎は1934年に竣工、第二・第三校舎は1937年に竣工され、その後、耐震補強などの改修が行われながらも昭和初期の典型的な建築形式と木造ならではのぬくもりある教室の風景が美しく保たれています。

また、外観は地元の設計者内藤克雄さんが設計したもので、上品な洋風の意匠が凝らされています。

県の教育委員会によりますと、現在使われている小学校で重要文化財に指定されるのは珍しく、全国で3例目だということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP