2020年12月01日(火曜日) 18:27 地域・まち

【特集】防災キャッチ~賞味期限が切れそうな非常食で洋食を!

備えたのはいいけれど賞味期限が切れそうな非常食はありませんか?こちらの洋食店に非常食を持ち込むと、おいしい洋食に変身させて提供してくれます。

(土筆苑 オーナーシェフ 大谷隆史さん)
期限が切れて非常食を捨ててしまうということを多く耳にしまして。こういう食べ物を扱う職業柄、食べ物を捨てるということ自体がもったいないなと。

東京の老舗洋食店・上野精養軒で腕を磨き、現在、西宮北口の洋食店・土筆苑のシェフとして活躍する大谷隆史さん。去年7月から、非常食を持ち込むと131(ぼうさい)円や1070(そなえ)円で洋食を提供するサービスを始めました。

(大谷さん)
西宮という土地柄、被災された方が多く、非常食のお話をうかがう機会が多くて何かお手伝いできることはないかなと思って始めました。

今回、お店で提供しているレシピを教えてくれるのは?

(大谷さん)
このカンパンを使ってデザートをつくりたいと思います。

カンパンでつくるのは、コーヒークッキーアイス。材料は、カンパン6枚と、アイスコーヒー(無糖)70cc、ハチミツ20gと黒ゴマアイス120gを用意してください。

(大谷さん)
カンパンは硬いというイメージがあると思いますが、まずやわらかくスポンジ生地のような食感にすることから始めます。

真空パックにカンパン、アイスコーヒー、ハチミツを入れます。

(大谷さん)
(真空パックがなくても)ご家庭でやる場合は、ジップロックとかにカンパンを入れてコーヒーや紅茶、オレンジジュースでもいいと思います。
ちょっと軽くつぶしてやります。

冷蔵庫で30分ほど冷やし、この上に黒ゴマアイスを盛りつけます。

(大谷さん)
カンパンの底に残っている黒ゴマをあしらいで乗せて完成です。

(藤岡キャスター)
ゴマの香りがすごいですね。ぶわーっと広がります。カンパンが下にあるんですけど、ここに甘みがあるんです。
ハチミツとコーヒー、このゴマ。絶妙にマッチします。

普段から食べては備えていくローリングストックを行うため、大谷シェフは年に1回は非常用かばんの開封式を行ってほしいと話します。

(大谷さん)
袋を開けていただいて非常食を召し上がっていただいて、新しい非常食を買いに行っていただいて、非常時に使うライトですとか備品の確認をするような機会をつくっていただけたらと思っています。

※非常洋食提供は、ディナーのみで事前予約が必要。

 

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP