2020年08月26日(水曜日) 12:11 事件・事故

兵庫県警本部の車両損壊か
  19歳の少年逮捕 花火や爆竹置いたか

7月、兵庫県警本部に駐車している大型輸送車の下に花火を置き車体の一部を損壊したとして19歳の少年が逮捕されました。

器物損壊などの疑いで逮捕されたのは神戸市中央区のとび職の少年(19)です。

警察によりますと、少年は7月18日、午前1時すぎ兵庫県警本部の正面玄関前の広場に侵入し噴出型の花火と爆竹に火をつけ、止めてあった大型輸送車の床面を焼損させた疑いが持たれています。

近くのディスカウントストアで花火を買う若い男の姿が確認されるなど周辺の防犯カメラ映像で特定に至ったということです。調べに対し少年は「警察が嫌いで1人で花火に火を付けた」と容疑を認めているということです。

また、事件のおよそ3時間前には近くの交番でもパトカーに爆竹が投げ込まれる事件が起きていて、警察が関連を調べています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP