2020年07月20日(月曜日) 12:10 地域・まち

はばタンの田んぼアート コロナ禍からの再起を願い

豊岡市で兵庫県のマスコットキャラクター「はばタン」を描いた田んぼアートがいま見頃を迎えています。

愛らしい表情でほほ笑みかけているはばタン。 緑や赤など4つの品種の稲で描かれています。

田んぼアートは豊岡市但東町にあるシルク温泉やまびこの従業員が、施設を訪れた観光客らに楽しんでもらおうと毎年制作しているものです。

2019年までは国の特別天然記念物コウノトリが描かれていましたが、2020年は新型コロナウイルスが招いた危機的状況からの再起を願って不死鳥とも呼ばれるフェニックスがモデルのはばタンに変更したということです。

この田んぼアートは稲の成長とともに色が変化してしまうため7月いっぱいが見頃だということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP