2020年02月10日(月曜日) 15:46 地域・まち

兵庫県が中国にマスク100万枚発送 新型コロナウイルスの感染拡大受け

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、兵庫県は姉妹都市の中国の広東省と海南省にマスク100万枚を送りました。

新型コロナウイルスによる肺炎が拡大し、中国本土では感染者が3万9000人を超え、マスクなどの不足が深刻化しています。

1月末に在大阪中国総領事館から兵庫県にマスクや消毒液、防護服などの支援要請があり、県は災害に備えて三木総合防災公園に備蓄しているマスク120万枚のうちおよそ100万枚を姉妹都市の中国の広東省と海南省に送ることを決定。

トラックに積み込まれたマスクは10日領事館の職員に引き渡され、航空機でそれぞれの省に送られます。

県は今後マスクや消毒液など衛生用品のメーカーを紹介するなど、支援を続けたいとしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP