2019年12月07日(土曜日) 21:06 事件・事故地域・まち

三菱電機の新入社員が自殺 教育係の男性社員を書類送検

三菱電機に勤務していた新入社員が2019年8月に自殺し、兵庫県警は、男性の自殺をそそのかした疑いで、当時教育担当だった30代の男性社員を書類送検したことが分かりました。

2019年8月、兵庫県尼崎市にある三菱電機の「生産技術センター」に勤務していた20代の新入社員の男性が、三田市の社員寮近くの公園で自殺しました。

捜査関係者によりますと男性は、当時教育主任として指導を受けていた30代の男性社員から自殺をそそのかされたという趣旨のメモを残していたということです。

兵庫県警は、男性社員から事情を聞いた上で、11月に自殺教唆の疑いで書類送検しました。
県警は男性社員の認否を明らかにしていません。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP