2022年01月13日(木曜日) 16:14 事件・事故地域・まち

災害復興公営住宅での孤独死は去年1年間で62人

阪神淡路大震災の被災者らが入居する災害復興公営住宅で孤独死していた人は、去年1年間で62人に上ったことがわかりました。

兵庫県警の集計をもとにサンテレビがまとめた調査によりますと、県内にある災害復興公営住宅の入居者で、誰にも看取られず亡くなるいわゆる「孤独死」した人の数は、去年1年間で62人に上りました。

内訳は男性が38人、女性が24人で、65歳以上の高齢者が9割以上を占めています。 亡くなった原因で最も多かったのは病死でした。

これにより災害復興公営住宅ができた2000年以降、孤独死した人は1305人となりました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP