2021年09月29日(水曜日) 17:33 地域・まち

「詰め替えパック」をリサイクル 神戸市がプロジェクト

神戸市は小売店や日用品メーカーなどと協力し、使ったあとの「詰め替えパック」をリサイクルするプロジェクトを10月1日から始めると発表しました。

神戸市が1日からダイエー神戸三宮店など市内の小売店72店に設けるのは「つめかえパック回収ボックス」です。

このプロジェクトは使ったあとの液体洗剤やシャンプーの「詰め替えパック」のリサイクルを進めようと、神戸市が小売店や日用品メーカー、廃棄物処理業者と連携して行うものです。

「詰め替えパック」はボトルで販売するよりもプラスチックの使用量を7割~8割減らすことができシェアを伸ばしている一方、複数の素材を重ね合わせた構造で資源として分解することが難しく、神戸市では大半が焼却されているということです。

今回の取り組みでは小売り店が回収したパックを廃棄物処理業者が資源として加工し、日用品メーカーでプラスチック製品などに生まれ変わります。

神戸市は「詰め替えパック」は水で洗い、乾燥させてから回収ボックスに入れるよう呼び掛けていて、協力した人はアプリを通じて、1パックにつき5円相当のポイントがもらえるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP