2021年09月02日(木曜日) 16:12 地域・まち

コウノトリと共生する豊岡 絵本の展覧会

豊岡市の美術館でコウノトリと共に生きる社会を描いた絵本などの特別展が開かれています。

子どもたちに見送られながら飛び立つコウノトリ。絵本の舞台となった自然豊かなある村の風景です。

豊岡市立美術館では2018年に亡くなった絵本作家・かこさとしさんの絵本の特別展を開催しています。

中でもコウノトリのきょうだいの成長を見守る村の人々を描いた「コウノトリのコウちゃん」はすべての場面の原画が日本で初めて公開されています。

また、コウノトリの野生復帰を目指す豊岡市の取り組みや自然も合わせて紹介されているほか、「だるまちゃんとてんぐちゃん」など10作品の複製画も展示されています。

この特別展は8月26日まで豊岡市立美術館で開かれています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP