2021年08月05日(木曜日) 12:09 事件・事故

犯人逮捕に友人「命返らない」 神戸市北区の男子高校生殺害事件

2010年に神戸市北区で起きた男子高校生殺害事件で、殺人の疑いで当時17歳だった男が逮捕されたことを受け、友人らが現場を訪れ手を合わせていました。

10年以上を経ての事件の進展を受け4日夜、現場には、亡くなった堤将太さんを知る人たちが訪れ、静かに冥福を祈りました。

この事件は2010年10月4日午後10時45分ごろ、神戸市北区の路上で高校2年の堤将太さん(当時16)が、近づいてきた男に刃物で刺され殺害されたものです。

警察はこれまでに延べ3万人以上の捜査員を投入。 事件から10年と10カ月が経過した4日、堤さんを殺害した疑いで、事件当時17歳で愛知県に住むパート従業員の男(28)を逮捕しました。警察は捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

警察によりますと男は当時現場近くに住んでいた可能性があるものの、高校への在籍は確認されていないということです。

また、単独で犯行に及んだとみられ、警察は今後詳しい動機の解明を進める方針です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP