2021年05月15日(土曜日) 18:19 地域・まち文化・スポーツ

世界的彫刻家の軌跡をたどる 朝来市で牛尾啓三展

  • 牛尾啓三さんの最新作

兵庫県朝来市の美術館では世界的な彫刻家として知られる牛尾啓三さんの企画展が開かれています。

あさご芸術の森美術館では兵庫県福崎町出身の世界的な彫刻家牛尾啓三さんの彫刻歴50年を記念した企画展が開かれています。

展示されているのは1992年の初期の鉄の作品「響」から2021年の最新作「永遠の輪廻」までの50点で海外での制作風景も上映されています。

館長の赤曽部美鶴さんは「牛尾さんの初期から新作に至るまで彫刻歴50年を振り返るという意味で壮大なイメージでやっています」 と話しました。

この企画展は7月4日まで開かれています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP