2020年11月25日(水曜日) 15:16 地域・まち

一足早いクリスマスケーキ
芦屋の洋菓子店が高齢者施設などに贈呈

クリスマスまであと1カ月となりました。 芦屋市では地元の洋菓子店が高齢者施設や障害者施設に一足早くケーキをプレゼントしました。

この取り組みは、芦屋市内に店を構える洋菓子店でつくる団体が地域に恩返しするとともにクリスマスを楽しんでもらおうと毎年この時期に行っているもので、ことしで30年目となります。

今回は10店舗が参加し、生クリームやチョコレートなどで飾り付けされたそれぞれの店の自慢のケーキを市内20カ所の高齢者施設や障害者施設に贈ります。

25日の贈呈式には芦屋市の伊藤市長も出席し、施設の代表者は、甘い香りが漂うクリスマスケーキを受け取っていました。 ケーキは12月のクリスマス前にそれぞれの施設に贈られるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP