2024年02月19日(月曜日) 17:00 地域・まち

業務の効率化を目指して 神戸市がラインドローン使った実証試験 西日本初

兵庫県神戸市の神戸市役所でドローンを使って業務の効率化を進めようと、西日本で初めてとなる実証試験が行われました。

神戸市役所の建物を、ドローンがラインを伝って上っていきます。

業務を効率化するためドローンの活用を進めている神戸市は、街中でも安全に飛ばすことができる「ラインドローンシステム」を使って建物の壁にひびがないかなどを調べる実証試験を市内の事業者と共同で実施しました。

ドローンに搭載されたカメラが建物の壁を撮影し、後日、担当者がその画像を確認します。

従来のように足場を組み作業をする場合と比べ、費用が10分の1程度に抑えられるということです。

(神戸市デジタル戦略部 箱丸智史課長)
「能登半島地震ではどういうふうな状況に倒壊家屋がなっているかというのにドローンを活用しているという例は聞いているので、より高度な使い方については事業者と協力しながら、いかに業務を効率よく進められるかというところで活用をこれから考えていきたい」

市役所などの公的な建物でのラインドローンを使った実証試験は西日本では今回が初めてだということで、市は今後も職員の中でアイデアを出し合って活用法を考えていきたいとしています。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP