2023年12月04日(月曜日) 11:23 地域・まち文化・スポーツ

【神戸ストークス】12月は連勝スタート、道原が通算5000得点

  • 個人通算5000得点を挙げた神戸ストークス 13道原紀晃(ヴィクトリーナ・ウインク体育館)/©B.LEAGUE

  • 15トレイ・ポーター/©B.LEAGUE

■10月以来の連勝

<B2 第10節>
神戸ストークス 90-66 愛媛オレンジバイキングス(12/1)
神戸ストークス 77-66 愛媛オレンジバイキングス(12/2)
———-
男子プロバスケットBリーグ2部(B2)神戸ストークスが12月1・2日、姫路市のヴィクトリーナ・ウインク体育館でホームゲームを行い、10月22日以来の連勝で西地区5位から4位に浮上した(11勝8敗)。

この試合でキャプテンの道原(どうはら)紀晃が個人通算5000得点を記録した。

道原は神戸市出身。34歳。

神戸市立科学技術高-大商大を経て、2012年、当時の「兵庫ストークス」に入団し、ポイントゲッターとしてストークス一筋にプレーしている。

■今週末も姫路で試合

1日の試合。
このところ序盤にリードを許す展開が多かったストークスだが、この日は違った。

開始直後にエースのトレイ・ポーター(210㎝)がダンクシュート。

ポーターはさらにゴール下から得点を量産し、ストークスが1Qを28-15とリードすると、その後も愛媛を寄せ付けず大差をつけた。

ポーターと並ぶ得点源のジョーダン・キャロラインが4試合ぶりに登場した。

2日の試合。
この日もストークスは1Qからリードを奪ったが、4Qに愛媛の反撃を許し、61-60と1点差まで詰め寄られた。

しかしここからベテラン松崎賢人やキャロライン、ポーターらが10連続得点して愛媛を突き放した。

ストークスは9・10の両日も、ヴィクトリーナ・ウインク体育館に福島ファイヤーボンズを迎えてホームゲームを行う。
(浮田信明)

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP