2023年11月26日(日曜日) 18:36 地域・まち

金物のまち・三木市の象徴「金物鷲」が神戸で期間限定展示 「ひょうごの匠展」に合わせて特別制作

  • 三木市の職人らによって組み立てられた「金物鷲」

金物のまち・三木市を象徴するオブジェ「金物鷲」がのこぎりなど約3300本を使って組み立てられ、26日から兵庫県神戸市内で展示されています。

「金物鷲」は金物の産地として知られる三木市を象徴するオブジェで、26日お披露目された「金物鷲」は兵庫五国の工芸品などを紹介する「ひょうごの匠展」に合わせて特別に制作されました。

完成した「金物鷲」はのこぎりや包丁など約3300本を使って三木市の職人らによって組み立てられ、全長およそ5・5メートルです。

お披露目イベントでは書道パフォーマンスや太鼓の演奏なども行われ、関係者らが完成を祝っていました。

「金物鷲」は12月10日まで展示されます。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP