2023年11月09日(木曜日) 12:39 地域・まち

とろろにすると強い粘り 丹波市で特産品の秋の味覚「丹波山の芋」出荷始まる

兵庫県丹波市では、特産品の秋の味覚「ヤマノイモ」がシーズンを迎え、出荷作業が始まりました。

丹波市氷上町を中心にした丹波地域は、粘土質の土壌と霧の多い気候が、ヤマノイモの栽培に適していて、現在、およそ50軒の農家が5・6ヘクタールで栽培しています。

ことしは猛暑の影響が心配されましたが、出来は上々で、およそ60トンの収穫を見込んでいるということです。

収穫されたヤマノイモは、出荷場でサイズ別に選別されていきます。

すりおろして「とろろ」にした時の特有の強い粘りが人気で、「丹波山の芋」のブランド名で出荷されます。

ヤマノイモの収穫は11月末まで行われ、全国に贈答品として出荷されるほか、地元の直売店でも販売されます。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP