2023年09月28日(木曜日) 12:11 事件・事故

県立病院の違法残業問題 兵庫県災害医療センターも違法残業で是正勧告

兵庫県立の4つの病院が、医師に対して労使協定の上限を超える時間外労働をさせたとして労働基準監督署から是正勧告を受けた問題で、神戸市にある兵庫県災害医療センターも同様の勧告を受けていたことが分かりました。

県災害医療センターを管理する日本赤十字社兵庫県支部によりますと、労働基準監督署の調査で、2017年11月に当時勤務していた外科医師の残業時間が労使協定で定める月150時間を超える152時間だったことが分かり、2018年10月に是正勧告を受けたということです。

センターは12月に是正報告書を労基署に提出していて、その後、同様の事例が起こらないよう改善を進めているとしています。

県立病院の違法残業を巡っては、尼崎総合医療センターや西宮病院など4つの病院がことし6月までに労基署から是正勧告を受けたことが分かっていて、県は医師の働き方改革に向けたプロジェクトチームを設置し、労働環境の改善策を協議する方針です。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP