2023年08月25日(金曜日) 12:11 事件・事故

「車両の空調機器に火花飛んだ形跡」 阪神電鉄の緊急停車で乗客1万7000人に影響

24日夜、神戸市内を走行していた阪神電鉄の電車内で煙が充満し、緊急停車したトラブルで、およそ1万7000人に影響が出ました。

24日午後7時半ごろ、神戸三宮駅と春日野道駅の間を走行していた阪神電鉄の山陽姫路発大阪梅田行き上り特急電車の車内で煙が充満し、春日野道駅で電車が緊急停車しました。およそ500人が乗車していましたが、避難し、けが人はいませんでした。

阪神電鉄によりますと、故障があったのは5両目の車両で、この影響で、神戸三宮駅から御影駅でおよそ3時間運転を見合わせ、およそ1万7000人に影響が出たということです。

25日は始発から平常ダイヤで運行していますが、利用者からは不安の声が聞かれました。

この路線は山陽電鉄と乗り入れており、山陽電鉄の車両で、車両の屋根の上の空調機器のカバーに火花が飛んだ形跡が確認されたということですが、これまでに同じようなトラブルは起きたことがないということで、山陽電鉄はどういう経緯で火花が飛んだのか詳しい原因を調査しています。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP