2023年06月07日(水曜日) 06:11 事件・事故地域・まち

教員が誤って共有フォルダにデータ移す 三木市の小学校で児童の個人情報が閲覧できる状態に 学校側が保護者に謝罪

兵庫県三木市は、市内の小学校で 教員のみが閲覧できる児童の個人情報が、児童も閲覧できる状態になっていたと発表しました。学校側は、保護者に謝罪しています。

市によりますと、2023年4月、市立自由が丘東小学校で、教員のみが閲覧できる6年生の全児童45人分の健康状態や学校での様子などが記録されたデータが、児童も閲覧できる状態になっていました。
データは、学校内のサーバーに保存されていて、教員が誤って共有フォルダに移してしまったということです。

6月1日に児童の1人が、支給されているタブレットで偶然データを見つけ閲覧。
帰宅後に、保護者から学校に連絡があったということで、データは共有フォルダ内からすぐに削除されました。

学校側は3日に、6年生の全児童45人の家庭を訪問し、経緯の説明と謝罪をしています。

市は、カウンセラーを学校に派遣し児童のメンタル面のケアを行っていて、今後 個人情報を保存する際には、パスワードを設定するなど、再発防止に努めるとしています。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP