2023年01月27日(金曜日) 17:46 新型コロナ

コロナ「5類」移行の方針受け 斎藤知事「知事会通して要望伝える」

政府が新型コロナの感染症法上の分類を5月8日から「5類」に引き下げる方針を固めたことを受け、兵庫県の斎藤知事は「円滑な移行のため知事会からも要望を伝えたい」述べました。

【斎藤元彦知事】
「知事会などを通じて地域や地方の現場の意見を聞いていただきながら円滑な移行にしていくという対応をしていただきたいと思っています」

政府は、新型コロナの感染症法の分類を5月8日に「2類」相当から季節性インフルエンザと同じ「5類」に引き下げる方針を固め、1月27日、厚生労働省の専門部会が合意しました。

斎藤知事は、定例記者会見で「5類」に移行した後の県内の医療体制やマスクの着用、医療費の公費負担などについて政府の判断を受け年度内に対策本部会議を開き、県としての方針を示していきたいと述べました。

【斎藤元彦知事】
「5類に変わるということは感染対策もインフルエンザと同じように個人が気を付けて必要があればしていく。今までずっとやってきたことを急には変えられないので5月8日というターゲットとなる日を決めて、そこに向けて兵庫県を含めた日本社会が変わっていきましょうという期間になる」

斎藤知事は新型コロナはピークアウトしつつあるとしながらも、インフルエンザの感染が広がっているとして27日付で注意報を発令、警戒を呼び掛けています。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP