2022年10月20日(木曜日) 18:42 地域・まち文化・スポーツ

【阪神】ドラフト1位で中央大・森下選手の交渉権獲得 浅野はクジ外す

プロ野球ドラフト会議が10月20日東京都内で開かれました。
阪神タイガースは1巡目で高松商・浅野翔吾選手を指名しましたが、巨人と抽選となり、岡田彰布新監督はクジを外しました。
その後、阪神は中央大・森下翔太選手(22)を指名し交渉権を得ました。

東海大相模から中央大へ進んだ森下選手は182cm・90kgで右投げ右打ちの外野手。
強打が売りの長距離砲で、将来の中軸候補と期待されています。

「憧れの選手・尊敬する人」は内川聖一選手(ヤクルト)だということです。

阪神は吉野誠スカウトが担当しています。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP