2022年10月07日(金曜日) 12:32 地域・まち

スマートごみ容器でまちをきれいに 実証実験スタート

兵庫県神戸市は7日、投入されたごみを自動的に圧縮するスマートごみ容器を街頭に設置し、ぽい捨て削減に向けた実証実験を始めました。

神戸市中央区に新たに設置されたのは、ソーラー発電で動き、投入されたごみを自動的におよそ5分の1に圧縮するスマートごみ容器です。

ごみの収容量を5倍にすることでごみが溢れるのを防ぐ他、回収作業の効率化やぽい捨ての削減効果も期待されています。

また、容器本体は、広告スペースとしても活用されていて、収入は設置費や維持管理費に充てられるということで、協賛した和田興産とフジッコのデザインが施されたスマートごみ容器が中央区内の6カ所に設置されました。

スマートごみ容器は、2023年3月末まで設置され、ぽい捨ての削減効果などを調査するということです。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP