2022年05月20日(金曜日) 17:50 新型コロナ

国内4例目のワクチン 県内でも5月23日から予約受け付け開始

国内で流通する4例目の新型コロナワクチンについて兵庫県は5月23日から電話で接種の予約を始めると発表しました。

国内で正式承認されたのは、アメリカのノババックス社が開発し武田薬品工業が国内で製造する組換えタンパクワクチンです。

不活化ワクチンの一種でB型肝炎や破傷風など国内でも運用実績があります。ファイザーやモデルナ社製のメッセンジャーRNAワクチンに比べて発熱などの副反応の割合が比較的低いとされています。

兵庫県は、6月1日から旧姫路市文化センターの大規模接種会場で、6月13日から神戸市内の医療機関で接種を開始します。

18歳以上が対象で、県は、特にファイザーやモデルナ製のワクチンに対してアレルギーがある人に対して呼びかけています。予約は5月23日から受け付けるということです。

一方、3回目を対象としたモデルナ製のワクチンについて、20日で国から県にすべてのワクチンが届き終えました。

モデルナ製は希望者が少なかったことから、県内で155万回分のうち16万回分以上が有効期限切れとして廃棄される見込みだということです。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP