2022年04月03日(日曜日) 18:45 地域・まち

まさにWin-Winな「メェ~案」 淡路の実証実験で活躍するのは…?

淡路市では、環境に配慮しながら面倒な草刈り作業を効率的に行える、ある取り組みが始まっています。活躍しているのは…?

兵庫県淡路市にある「くにうみ太陽光発電所」。
黙々と草を食べているのは…2頭のヤギです。

雑草の刈り取りと言えば、草刈り機や薬を使うのが一般的ですが、この作業をヤギに任せる取り組みが、今全国的に注目されています。

淡路島では、エネルギーや食の自給自足を官民一体で目指す「あわじ環境未来島構想」を進めていて、今回はその実証実験として行われています。

地元の園芸学校が飼育している親子ヤギが早速活躍しているということで、草刈り機が入れない隙間まで、しっかり草を食べてくれるそうです。

手間も省ける上に、癒しまで与えてくれるこの実証実験は、4月中旬まで続くということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP