2022年03月27日(日曜日) 17:51 地域・まち

わずか5日で完売 神戸市西区特産のモモ使用「桃のリキュール」SDGs 食品ロスを減らしたい!

  • 神戸ワイナリーが販売した桃のリキュール

  • 神戸ブランデーSUPREME

食品ロスを減らそうと特産品の桃を使ったリキュールを兵庫県神戸市のワイナリーが限定で販売したところ、わずか5日で完売しました。

完売したのは、「桃のリキュール」。 一般財団法人神戸農政公社が運営する神戸ワイナリーが3月1日、1本2000円で限定100本の販売を始めました。

神戸市西区で栽培されたモモは、甘く香り高いことから人気ですが、どんなに気を付けていても、小さな傷が入るなど流通できない規格外品となってしまうため、消費者へ届かないモモの取り扱いが課題です。

販売から5日で完売した桃のリキュールは、神戸ワイナリーの技術の粋が詰まっていて、国内外で高い評価を得ている「神戸ブランデーSUPREME(シュプリーム)」を熟成させる前のホワイトブランデーをベースにしています。

一般財団法人神戸農政公社ワイン事業部 松本紀之主任は「食品ロスをなくしないなという気持ちはありましたので、こういったもので、使えるものはどんどん使っていく。

いいものができて消費者が喜んで、農家が喜んでもらえたら、それが1番うれしい。」と話しています。 神戸ワイナリーでは、2022年の夏に収穫するモモを使って、桃のリキュールを造り、2023年3月の販売を計画しています。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP