2022年03月17日(木曜日) 15:00 地域・まち

映画館「神戸国際松竹」が閉館 65年の歴史に幕

神戸にある映画館「神戸国際松竹」が3月17日、閉館します。 65年の歴史に幕を下ろすそのときまで、映画ファンをあたたかく迎えています。

神戸市中央区の「神戸国際会館」、11階にある映画館「神戸国際松竹」は、1956年に開業。 1995年の阪神淡路大震災では、建物が全壊し、一時、休館を余儀なくされました。

その後、1999年に現在の場所で営業を再開し、震災復興のシンボルとして多くの映画ファンが訪れました。

映画館を運営する松竹マルチプレックスシアターズは、「賃貸借契約満了」を閉館の理由としています。

映画館は今後、木下工務店などを展開する「木下グループ」が運営を引き継ぎ、4月1日から「キノシネマ神戸国際」として新たにオープンします。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP