2022年03月01日(火曜日) 12:20 事件・事故

「学校には伝えない」はずのいじめ相談 西宮市教委が学校に報告

西宮市の教育委員会は、市立小学校で起きたいじめ問題をめぐり、保護者からの意向に反して相談内容を学校側に漏らしていたことが分かりました。

西宮市教育委員会によりますと、市立小学校6年生の男子児童がクラスの28人中26人から悪口を言われたり、持ち物が汚いと消毒液で拭かれるなどのいじめを受けたということです。男子児童は不眠や幻聴を訴え、今も登校できていません。

市教委は重大事態と認定し、調査を進めていましたが、去年11月、保護者から「相談があったことは学校に言わないでほしい」と伝えられていたものの、相談内容を学校側に報告してしまったということです。

市教委は対応した職員間の引き継ぎミスが原因などと説明し、調査に影響はないとしていますが、すでに保護者に謝罪したということです。

市教委は児童らが卒業するまでに一定の調査を終えたいとしています。

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP