2022年01月29日(土曜日) 17:54 地域・まち新型コロナ

PCR検査場に列 検査キットは不足 まん延防止適用後初の週末

  • 神戸・元町商店街にあるPCR検査場

新型コロナウイルスの感染が急拡大する中、まん延防止等重点措置の適用地域が兵庫県にも拡大され初めての週末を迎えました。

このうち、神戸市中央区の元町商店街では、人出は普段より少ないものの買い物などに訪れた人の姿が見られました。

また、新型コロナウイルスの感染に不安を感じる無症状の県民を対象とした無料のPCR検査場には、続々と人が訪れていました。

【検査を受けに来た人は】
「小さい子どもがいる。学校で流行っているみたいで心配です」
「検査は結構簡単だった。ただ神戸市民じゃない。ここしかないと言われたから来たが来るまでが大変だった」

一方、抗原検査の需要も高まっています。

尼崎市のフルール薬局尼崎店では、100セット用意していた抗原検査キットが3日間でなくなり、5日目に在庫が届きました。

【フルール薬局尼崎店・平石稜人管理薬剤師】
「月曜日の段階で100個程度あったんですが水曜日までで全て無くなってしまった。木曜日は在庫がない状況だったので抗原検査を希望されている方はお断りしないといけない状況でした」

LINE

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP