2022年01月24日(月曜日) 12:16 新型コロナ

1月25日に兵庫など「まん延防止」適用決定へ

新型コロナウイルスの「オミクロン株」の感染急拡大を受け、政府は1月25日にも兵庫県への「まん延防止等重点措置」の適用を決定する見通しです。

こうした中、1月23日の神戸・三宮の人出は前の週に比べ減少しました。

携帯電話の位置情報を利用した調査によりますと、23日のJR三ノ宮駅周辺の人出は、前の週に比べ、午後3時台は6.6パーセント減少、午後9時台は4.2パーセント減少していました。

感染者の増加に歯止めがかからない中、兵庫県は大阪・京都と連名で、国に対し「まん延防止等重点措置」の適用を要請していて、政府は25日、専門家に諮った上で国会に報告し、追加の適用を正式決定する見通しです。

県は25日に対策本部会議を開き、具体的な対応を協議することにしています。

現時点では適用された場合、認証を受けた飲食店は午後9時までの営業で午後8時まで酒類の提供を認め、認証を受けていない飲食店には午後8時までの営業で、酒類提供を認めない方針です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP