2022年01月16日(日曜日) 18:36 地域・まち

1月17日に震災27年 「117のつどい」灯ろう設置準備進む

  • 「忘」の字に並べられた紙灯ろう

6434人が犠牲となった阪神淡路大震災から1月17日で丸27年となり、兵庫県神戸市の東遊園地では、追悼行事の準備が進められています。

神戸の東遊園地では、毎年1月17日に震災犠牲者を追悼する「1.17のつどい」が開かれ、会場に並べられた灯ろうに灯りがともされます。

ことしは、会場の再整備工事の影響で追悼行事の規模が縮小されますが、紙や竹でできたおよそ5000本の灯籠で忘れないの文字が形づくられます。

つどいの準備は、15日から始まり、16日は神戸市の絵画教室の子どもたちが思いを込めて絵を描いた紙灯ろうを一つひとつ丁寧に並べていました。

東遊園地では17日「1・17のつどい」が開かれ、地震発生時刻の午前5時46分にあわせて灯ろうに灯りがともされます。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP