2022年01月11日(火曜日) 12:42 事件・事故

「妻の同意を得て殺した」 妻殺害の罪に問われた男の初公判

神戸市で2021年、当時81歳だった妻を包丁で刺して殺害した罪に問われている男の裁判が神戸地裁で始まり、男は「妻の同意を得て殺した」と主張しました。

無職の被告の男(80)は去年5月、神戸市西区の路上に停めた車の中で、当時81歳だった妻の首や腹を包丁で何度も刺し殺害したとして殺人などの罪に問われています。

11日、神戸地裁で開かれた初公判で、男は「殺したことに間違いない」と、起訴された内容を認めた上で、「妻の同意を得て殺した」と述べました。 その後の冒頭陳述で検察側は、「被告に刺された際、妻は抵抗し、逃げようとしていた」として、殺人への同意はなかったと主張。

一方弁護側は、「被告は妻の介護に疲弊していた。心中を提案した時、妻は『あんたが死んでくれるなら私も死ぬ』と話していた」として、承諾殺人に留まるとしました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP