2022年01月05日(水曜日) 17:50 地域・まち

姫路城の一日城主体験イベント 1人の応募と3千万円以上の寄付

兵庫県姫路市のふるさと納税の返礼品に3千万円以上の寄付で姫路城の城主体験イベントが追加され、これまでに1人の応募があったことが、市への取材でわかりました。

兵庫県姫路市は、高額所得者向けのふるさと納税で3千万円以上を寄付すると世界文化遺産・国宝姫路城で「一日城主体験」ができるイベントを返礼品に追加し、2021年12月、先着2名で募集を開始しました。

姫路市によりますと、市外在住の1人から寄付の申し出があり、12月23日に3千万円以上の入金が確認されたということです。市は、寄付者や金額の詳細については公表しないとしています。

城主体験イベントでは、閉城後の城を貸し切りにして非公開エリアも含めて城内を見学できるほか、甲冑姿の役者が戦の攻防を再現し、臨場感を演出します。また、ヘリやハイヤーによる送迎もあり、宿泊はホテル日航姫路のスイートルームとなっていて、城主の証しとして寄付者の肖像画や姫路城への「永久入場権」も贈られるということです。

姫路市地方創生室の担当者は「ありがたい限り」などとコメントしていて、残り1人についても1月末まで募集を続けるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP