2021年12月23日(木曜日) 15:39 地域・まち選挙

西宮市長選挙に日本維新の会の県議が立候補表明

日本維新の会所属の増山誠兵庫県議が12月23日に会見を開き、任期満了に伴い2022年3月に投開票される西宮市長選への立候補を表明しました。

西宮市長選への立候補を表明した増山県議(43)は横浜市出身で、早稲田大学政治経済学部を卒業。 証券会社勤務を経て、2019年の兵庫県議選に日本維新の会から立候補し初当選を果たしました。

現在は県議会の会派「維新の会」で政務調査会長を務めています。

増山県議は、「子育てしやすい街ナンバー1」を目指し、待機児童の解消や、給食費の無償化などに力を入れたいと話しました。

2022年3月20日告示、27日投開票の西宮市長選ではこれまでに現職の石井登志郎市長(50)が再選を目指し、無所属での立候補を表明しています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP