2021年12月07日(火曜日) 10:18 報道特集・ドキュメント新型コロナ

なぜ日本は収束?オミクロン株は? 神戸大学感染症内科医に聞く

神戸大学医学部付属病院感染症内科大路剛准教授。これまで新型コロナの重症患者を診てきました。変異株オミクロン株の特徴や背景について話を聞きました。

 -国内で収束したその背景は?

(大路准教授)
それぞれ流行している国では原因があるかなと思います。
ワクチンを接種したと言っても、有効なワクチン接種をかなり高い割合でしている国と、効きが悪いワクチンの接種率が高い国とは同列に数えられない。
日本みたいにmRNAワクチンが大半の接種者で、自然感染より強い免疫を獲得している割合が高い国というのは世界的にもあまりない。

(大路准教授)
(海外では)マスクを外しちゃっている。マスクを外して、ワクチンを接種しているからといって感染をもう一回チャレンジするような感じでやっていると、いつかはワクチンが効きにくい変異株に感染すると。
または、免疫が落ちてきて、あまり変異していない株でも、感染するとその人らがどんどん広げていくので、なかなか流行ががっちりと収まりきらない。
日本はどうかと言ったら、見ての通りまだマスクをしてくださっている。換気も履行されていますよね。
有効なワクチンを接種する+さらに感染対策をとるということができている国はあまりないので、それが一番日本で減った要因のひとつかなと思います。
もうひとつ、一斉に同時にみんな打ったので抗体が理論的に高い時期が一斉に来て、ウイルス自体のリンクが集団の中では作りにくくなっているのももうひとつの状況だと思います。

世界では市中感染も見つかっているオミクロン株。人の細胞に侵入するのに必要な突起部分・スパイクタンパク質に30カ所の変異が見つかりました。これまでの変異株のアルファ株やデルタ株と比べて最も大きな変異です。

オミクロン株の懸念について大路准教授は―

1. 流行力が上がる

オミクロン株では間違いないだろう。

2. 病原性(ウイルスの性質や能力など)が変わる

まだ疑問だと思います。

3. 自然免疫・ワクチンによる免疫が効きにくくなる

間違いなくオミクロン株はあるかなと。

4. 抗ウイルス剤(薬)が効きにくくなる

まだ全然オミクロン株ではないかなと思っています。

国内でも医療従事者の3回目の接種が12月から始まりました。大路准教授も3回目の接種を受ける予定ですが、オミクロン株で懸念されているのはワクチンが効きにくくなる可能性です。

(大路准教授)
完全にがらりと落ちているわけではないので、例えば重症化しないというところをゴールにすると、意味はありそうだなという気はしてはいます。

-重症化しづらいのか

(大路准教授)
期待はしています。デルタ株に対しても2回接種後、感染している方は元気な健康な方も症例報告も含めて結構いますので。
その意味ではデルタ株対策でも3回接種は必要かなと思いますが、各地からの報告ではデルタより感染力が上がっている。
免疫エスケープ(逃避)の能力はもしかしたら高いかもしれないので、デルタ株に対してよりも若干期待値は落ちるかもしれないなと思っています。

今回のオミクロン株は、HIV・ヒト免疫不全ウイルスの感染の多い地域・南アフリカで最初に確認されました。

(大路准教授)
ひとりの体内で慢性活動性感染が続く状況ができちゃっているのではないかということがBBCでも言われていますし、なるほどなと。

これまで新型コロナウイルスは、発病や病状の変化が急な急性感染症と見られていたため、人の中で変異する機会は短期間しかありませんでした。

しかし、HIV患者の中では、慢性的に新型コロナに感染し続けることもあり、人の中で変異できる機会が長期間続くそうです。

(大路准教授)
今回オミクロンがクローズアップされたところは、進行したHIV感染症で本人も気づいていないHIV感染症の方。HIVというのはかなり進行すると液性免疫も細胞性免疫も両方落ちてしまう。
簡単に言うとすべて免疫がダメになるので、ワクチンを打っても抗体がつきにくい。
1回感染しても抗体がつくれないから、そこで死んでしまうだけではなくて、若かったら慢性活動性感染になりうる。1カ月くらい(コロナの感染が)続くということが症例報告ではある。
個人の体の中で慢性的にとなると、なかなか困ってしまうなというところはありますね。

今後世の中がどうなるかについて、大路准教授は楽観論と悲観論の2点を指摘しています。

【悲観論】
ワクチンで感染を緩めていることで逆に長引く可能性がある。人間側に都合よくウイルスが変わってくれるとは限らない。

【楽観論】
ワクチンで感染を緩めて自然感染以上に守っていることで日本のようにリンクを切っていけたら、3年かかったスペイン風邪よりもましな状況で着地できるかもしれない。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP