2021年12月06日(月曜日) 15:16 地域・まち新型コロナ

3回目のワクチン接種始まる 洲本市で医療従事者向け

洲本市で、医療従事者に向けた3回目の新型コロナウイルスワクチンの接種が12月6日から始まりました。

洲本市にある兵庫県立淡路医療センターでは、3回目の新型コロナウイルスワクチン接種が始まり、始めに副院長らが接種を受けました。

国は2回目のワクチン接種から原則8カ月が経過した人を対象に3回目の接種を進めることにしています。

ワクチンは時間の経過とともに発症を予防する効果が薄れるとされていて、追加接種により低下した体内の抗体濃度を再び高めることができるということです。

県立淡路医療センターは来年2月までに職員およそ1200人を対象とした3回目のワクチンの接種を終える予定です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP