2021年11月29日(月曜日) 17:51 地域・まち

「神戸ビーフステーキ弁当」
「まねき食品」と「ビフテキのカワムラ」のコラボ

きょうは11月29日。〝いいにくの日〟ということで、贅沢なお肉のお弁当の話題をお届けします。

姫路市に本社を構える「まねき食品」。
姫路駅ホームの駅そばが有名ですが、駅弁や仕出し料理なども手がけています。

「お弁当はやはり落ち込んでいますね。春の花見とか秋の祭りとかがどうしてもなくなってしまってますので、そこのお弁当とか仕出し料理っていうのは、やっぱり下がってきている形にはなってますね。
新型コロナウイルスの流行で、厳しい状況が続いている中、自宅にいながらでも美味しく食べられるお弁当をと、あるものを開発しました。

なんと、豪快に焼かれるステーキをたっぷりと詰め込んだ「神戸ビーフステーキ弁当」。
しかも、自宅で手軽に味わえるよう、冷凍での販売です。

「コロナで外食産業がやっぱり暗くなってしまってますので、外食産業を僕たちで盛り上げようということで、カワムラさんにお声がけをして、こういったコラボ商品ができました。
コロナ禍になって皆様同じ痛みというか話し合ってるときに一緒にできたらコラボするとかいうっていうのがやっても良いんじゃないかと」

このお弁当を監修したのが、「ビフテキのカワムラ」。
神戸ビーフが味わえるお店を全国に展開しています。

「感動しました。ここまで再現できるという冷凍技術に感動しました。
独自でやり続けるには厳しい状況だったのでお互い持ってる技術の案を出し合って出来上がったものって本当にすばらしいなと思ってまねき食品さんがはじまりのスタートなんですけど、元気もいただきましたし」

お弁当の上段には、神戸ビーフの中でも脂身が少なく、肉のうま味を存分に感じられる赤身のランプ肉。
下段には、「ビフテキのカワムラ」がレストランでも提供しているじゃこが入った、こだわりの「ガーリックライス」が詰まっています。
グリルでじっくり焼いていくことがポイントで、香ばしい香りが神戸ビーフのステーキと相性抜群なのだとか…。
「ビフテキのカワムラ」が監修したとっておきの1作品を、まねき食品の料理技術でプレミアムな冷凍弁当に完成させました。

「ご自宅のちょっとしたごちそうとか、お客様用のプレゼントとか、そういったものにご利用いただきたいなと思っております」
団長さん、小林さん お召し上がりください!

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP