2021年11月20日(土曜日) 22:06 地域・まち

約15万羽の殺処分終了へ
鳥インフルエンザ発生 姫路の養鶏場

姫路市の養鶏場で鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、兵庫県が行っていた養鶏場の鶏の殺処分が11月20日夜、終了します。

17日、姫路市の養鶏場で高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、兵庫県は自衛隊と共に24時間体制で養鶏場の鶏の殺処分を進めてきました。

県によりますと11月20日午後10時ごろ、養鶏場の鶏およそ15万5000羽全ての殺処分を終えるということです。また、県は鶏舎やその周辺の消毒作業を11月24日までに終えるとしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP