2021年11月05日(金曜日) 12:07 事件・事故

日本維新の会の運動員を公職選挙法違反で逮捕

10月の衆議院選挙で兵庫4区から立候補し、比例復活で当選した日本維新の会の候補者の運動員に報酬を支払う約束をしたとして、兵庫県警は候補者の別の運動員の男を逮捕しました。

公職選挙法違反・買収約束の疑いで逮捕されたのは小野市の会社役員の男(70)です。

警察によりますと、男は10月行われた衆議院選挙で兵庫4区から立候補し、比例復活で当選した日本維新の会の赤木正幸さんの運動員で、公示前の10月初旬、知り合いの運動員1人に選挙運動の報酬として1日につき1万3000円を支払う約束をした疑いが持たれています。

警察は森容疑者の認否について明らかにしていませんが、現時点で男が赤木さんの当選に影響を与えるものではないとしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP