2021年11月03日(水曜日) 20:15 地域・まち

六甲山では一足早い冬支度 小便小僧にマント

3日の兵庫県神戸市は最高気温が20度を超える暖かい陽気になりましたが、六甲山では早くも冬支度が始まっています。

標高865メートルの六甲高山植物園の3日朝の気温は8度と市街地よりも10度ほど低く、11月下旬から12月上旬並みの冷え込みとなりました。

植物園では毎年「文化の日」に小便小僧にマントを着せて一足早く冬支度が行われていて、48回目の2021年は神戸芸術工科大学2年生の飯田侑子さんが作ったクロユリをイメージしたマントが選ばれました。

マントを着た小便小僧は冬季休業前の11月23日まで公開されます。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP