2021年10月29日(金曜日) 12:14 事件・事故

尼崎女性刺殺事件 逮捕の元夫を鑑定留置へ

10月15日、尼崎市で28歳の女性が刃物で刺され殺害された事件で、検察が逮捕された元夫の刑事責任能力を調べるため精神鑑定を行うことが分かりました。

西宮市の会社員の男(33)は10月15日、尼崎市にあるマンションの駐輪場で、元妻の女性(28)を刃物のようなもので刺し、殺害した疑いが持たれています。

捜査関係者によりますと、男は「殺すつもりで刺した」と容疑を認め、「女性との復縁が思うようにいかず憎しみに変わっていった」と供述しているということです。

神戸地検尼崎支部は男に刑事責任能力があるかどうか調べるため、裁判所に鑑定留置を請求し、認められました。

期間は10月29日から来年1月13日までで、検察は専門家らによる鑑定結果を踏まえ、男を起訴するかどうかを判断します。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP