2021年10月26日(火曜日) 12:08 地域・まち新型コロナ

夜の三宮で人出増加 前週から2割増

兵庫県で飲食店などへの時短営業が解除され、初の週末だった10月22日以降、JR三ノ宮駅周辺で夜の人出が前の週より2割程度増えていたことがわかりました。

ソフトバンクのグループ会社「アグープ」によりますと、兵庫県で飲食店などへの時短営業の要請が解除されてから初の週末となった三ノ宮駅周辺の午後9時台の人出は22日で17・2%、23日で17・4%、24日で24・8%増え、1週間前に比べ、2割程度増加していたことが分かりました。

県内ではこのほか、阪急西宮北口駅で23日に33・9%、JR加古川駅付近で22日に19・6%増えていて、1回目の緊急事態宣言が出る前の去年1月や2月と同じ人出に戻りました。

兵庫県は、感染拡大を防ぐため県民に飲食店を利用するときは、4人以下で2時間以内にするよう協力を呼び掛けています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP