2021年10月20日(水曜日) 17:15 地域・まち

姫路の中学校で性の多様性を学ぶ講演会

姫路市の中学校で、性的少数者LGBTへの理解を深める講演会が開かれました。

姫路市立山陽中学校はことしから制服の標準服を男女ともにスラックスとブレザーに変更するなど多様な性を尊重する教育を進めています。

この日の講演会は、生徒に性的少数者LGBTへの理解を深めてもらおうと企画され、女性から男性に性別を変更し、結婚して2児の父となった宍粟市出身の前田良さんが講師を務めました。

前田さんは講演で嫌々、スカートをはいていた中学時代を振り返り、多様な性を認め合う社会の実現を訴えました。

山陽中学校では今後も多様な性への理解を深める取り組みを続けていきたいとしています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP