2021年10月12日(火曜日) 12:08 地域・まち新型コロナ

兵庫県市長会が知事に要望書を提出 新型コロナ対策など

兵庫県市長会は12日、兵庫県知事と議会に新型コロナウイルスの感染防止や経済・雇用対策などを求める要望書を提出しました。

午前10時、県内29の市で作る兵庫県市長会で会長を務める相生市の谷口芳紀市長や、副会長の姫路市の清元秀泰市長らが、兵庫県庁を訪れ、斎藤元彦知事に要望書を手渡しました。

要望書には、新型コロナウイルス感染拡大の影響で冷え込んだ経済を回復させ雇用を活性化するほか、地域医療に関わる医師を確保するため財政支援を求めることなど、合わせて10項目が盛り込まれています。

県市長会は県議会にも要望書を提出していて、近畿や全国の市長会を経て、社会保障制度の改正や自治体業務のデジタル化などについて国に支援を求める方針です。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP