2021年10月01日(金曜日) 21:45 地域・まち文化・スポーツ

宝塚市で花がテーマの交流事業 元タカラジェンヌもPR

花をテーマにまちづくりを進める自治体の交流事業が10月1日から宝塚市で始まりました。

全国9つの自治体は「フラワー都市」として毎年、花をテーマに持ち回りで交流事業を開いていてことしは、10月1日から17日まで宝塚市で開催されます。

このうち、ソリオ宝塚では、元タカラジェンヌでダリヤ農家を営む梓晴輝(あずさはるき)さんが市の花「ダリヤ」をPRしようとおよそ2万本のダリヤを使い市民らと装飾作りを行いました。

装飾のイメージは「宝塚歌劇」でフォトスポットとしても利用できるということです。

ダリヤの装飾は10月4日までソリオ宝塚に展示されます。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP