2021年10月01日(金曜日) 18:17 地域・まち新型コロナ

緊急事態宣言解除 兵庫県 斎藤元彦知事が生出演

緊急事態宣言が解除され、10月1日~21日、兵庫県独自の時短要請が始まりました。
10月1日、斎藤知事がサンテレビのNEWS×情報 キャッチ+に生出演。県独の時短要請や、その解除基準、規制強化などについて語りました。

【主な質問内容】
① 認証店かどうかで対応を分けたこと、県内一律で同じ対応をした理由は?
② 県独自の時短要請について、今後のどのような状況になれば解除し、どれくらい拡大したら規制を強化する?
③ 政府はワクチン接種や検査の陰性証明で、制限を緩和する実証実験を行う予定です。
県内でも神戸市のどこかで対象になると見られますが、いつごろから始まりそうですか?】
④ ワクチンの接種率は、兵庫県は1回目が64.25%。2回目が54.14%。接種者に対してワクチンパスポートなど様々な優遇が今後想定されます。アナフィラキシーなどで打てない人に対して差別にならないようなケアが必要ではないですか?

10月1日、兵庫県内では84人の感染が分かりました。病床使用率は25.5%、重症病床の使用率は22.5%でした。保健所別では、神戸で35人、 姫路で9人、 尼崎で5人、西宮で1人、 明石で5人となっています。亡くなった方はいませんでした。県管轄は、多いところでは、加古川管内で13人、宝塚管内で7人。計29人の感染が分かっています。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP