2021年10月01日(金曜日) 18:34 地域・まち

加古川図書館が移転 リニューアルオープン

建物の老朽化のため移転作業が行われていた加古川市の新しい市立図書館が10月1日オープンしました。

移転して開館したのは加古川市立加古川図書館で、岡田市長らがテープカットをして完成を祝いました。

加古川図書館は移転前、作家の三島由紀夫が徴兵検査を受けた場所として知られる歴史的建造物にありましたが、建物が老朽化したためJR加古川駅前の商業施設の中に移りました。

およそ2300平米のフロアに10万4000冊を所蔵し、静かな環境で勉強や仕事に集中できるスペースは、インターネットから座席予約ができ、コーヒーを飲みながら読書を楽しめるカフェコーナーも設けられています。

加古川図書館は3日まで混雑を予想していて、入場制限を行う場合があるということです。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP