2021年09月30日(木曜日) 19:29 地域・まち

JA共済連兵庫が学生にお米200キロを寄贈

JA共済連兵庫が、新型コロナウイルス感染症による影響を受けている、芸術文化観光専門職大学の学生に対して、兵庫県産のお米200キロを寄贈しました。

 

今年4月に開校した芸術文化観光専門職大学では、1年次は全寮制であることから、学生は全員学生寮での自炊生活を行っています。JA共済連兵庫は、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大により、アルバイトや学生生活の様々な制限の中、親元を離れて寮生活する学生たちに、大学のある豊岡市(但馬地方)の地元産の美味しいお米「コウノトリ育むお米」を食べて元気に学生生活を送ってほしいと、寄贈しました。

 

贈呈式には、JA共済連兵庫 三森本部長やJAたじま西谷常任理事、専門職大学からは、平田オリザ学長の他代表の学生2名が参加し、三森県本部長から、代表学生2名に贈呈しました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP