2021年09月27日(月曜日) 18:35 地域・まち

コロナ禍に夢の大切さを訴え クラウンが講演会

コロナ禍の今、挑戦する事の大切さを学んでもらおうと姫路市の中学校で、クラウンによる講演会が開かれました。

姫路市立広畑中学校を訪れたのは、全国各地の病院など年間200カ所を訪問しパフォーマンスを披露するクラウンの大棟耕介さんです。

この日は生徒たちを前に、机やはしごなどを頭の上に乗せるバランス芸など、熟練の技を披露しました。

また、コロナ禍の今、学校生活や将来に悩む生徒に対し、クラウンの世界大会へ挑戦したエピソードを話し、一歩踏み出す勇気の大切さを訴えました。

熱いメッセージを受け取った生徒たちは、失敗を恐れず夢を持つ事の大切さを学んでいました。

あわせて読みたい

広告

広告

広告

PAGE TOP